EDはかなり厄介な病気であり、中高年や若年層など関係なく発症します。原因は体の機能面、心の問題により起こります。

EDの原因と改善方法

EDの原因と改善方法

今は40代、50代の中高年以降だけの問題ではなくなってきたED。この年代は、身体的な問題から起こる場合が多いと言われています。それは、男性ホルモンが減ってくることからです。これはどうしても年を取れば避けることのできない体の仕組みでもあることから、ある程度覚悟をしている方も多いでしょう。しかし、性欲が更に盛んで、その上若くてそんな点を気にすることのない20代や30代の方が今はこの症状に陥る人が増えていると言われています。

EDの原因には体の機能面の問題と、精神面の問題が絡み合うことが理由で起こる現象であることを先程お伝えしました。大きく分けて4つのタイプに分かれており、体の機能面からくるEDを「器質性ED」。精神面の問題からくるEDを「機能性(心因性)ED」。器質性EDと機能性EDの2つが合併してしまった状態の「混合性ED」。そして常用している薬により勃起がしづらくなってしまう「薬剤性ED」があります。今回は中高年に多い器質性EDと、若年層に多い機能性EDに焦点を当て解説していきたいと思います。

器質性EDは体の状態も表す

器質性EDは体の状態も表す

体の機能面で言えば年齢からくる男性ホルモンの低下によるものがまず考えられるでしょう。漠然と「足りないから」という点だけで、どうして勃起に関係あるのか私は正直調べるまで全くわかりませんでした、まず1つの役割として性的興奮を起こさせる作用があります。男性ホルモンが足りないと性的刺激を受けても興奮しないという状況が起こるのです。

更に性的興奮が起こると本来勃起に繋がりますが、勃起するためにペニスへ興奮を伝える信号を送らなければなりません。その際に信号を伝達するためのドーパミンという物質を放出しやすくするのも男性ホルモンの役割です。これも少なければ「大して興奮していません」という反応になってしまうのです。

信号がペニスに伝わると、今度は勃起するために血液を大量に充満させる必要があります。充満させるために必要なものが一酸化窒素なのですが、これも男性ホルモンが作用しなければ十分な一酸化窒素が発生せずに中途半端な状態、若しくは勃起が出来ないという状態になってしまいます。

血管の衰えで器質性EDの可能性が高まる

中高年になれば男性ホルモンの分泌量が減る他に、血管にも衰えが見られます。これはどうしても避けられないため、いかに健康的な生活を送って衰えを防ぐかが鍵です。血液がスムーズに流れにくくなるとペニスにも及んでしまうので、充満させる必要があるにも関わらず出来なくなります。この状況もまたEDといえ、硬さのない勃起が起きやすくなってしまうのです。

さらに言えばこの年代は動脈硬化にもなりやすいので、生活習慣病と同時に起こっている事も珍しくありません。EDは健康状態を見るうえでも重要な要素になるので、もしもお困りになっているならば一度自身の健康状態を見直してみる必要があります。また男性ホルモンや血管の問題の他にも、病気によって神経伝達が難しくなった場合の方も器質性EDと捉えて良いでしょう。性的興奮をうまく伝えられないため、反応が出来なくなってしまうのです。

機能性EDはストレスの蓄積で起きる

機能性EDはストレスの蓄積で起きる

EDは中高年にしか起きないというイメージがありましたが、冒頭でも触れたように現在若い方でも多くの方がEDに悩まされております。では何故多くの方が発症しているのか?その理由は置かれている環境による事が最も大きいでしょう。この年代は働き盛りとも言われていますよね?社会人になって仕事というものに初めて本格的に取り掛かる新人もいれば、ある程度の経験と知識を得て、より責任ある仕事を任される中堅どころとなっている年代でもあります。こうした人たちに襲ってくるのはストレスです。

精神的な状況は、体の機能面に非常に大きく影響します。鬱を発病している方は性欲が失われる、若しくは男性機能が低下してしまったという症例は良くあることです。緊張で体が動かなくなったという経験は誰にもあると思いますが、こうしたことからも分かるように心の状態が体の自由を奪ってしまう場合があり、それは精神状態のバランスが悪いほど起きやすくなります。

女性に対するトラウマやコンプレックスでも

機能性EDはむしろ器質性EDの問題よりもより原因が複雑なところが難しい面でもあります。ストレスだけではなく、例えば性行為に対する嫌悪感だったり、自らのペニスが小さいから彼女を満足させることができるかどうかといった不安など、様々な心理的な要素が脳から伝達される興奮を停めてしまうことで勃起が起こらないという症状を生み出しています。こうした心の問題は、いかに自身を落ち着かせることが出来るか?余裕が持てるか?こういった精神状態を保てるかが重要です。

自分の精神状態をじっくり見直してみる

問題の部分となっている心の闇はすぐに解決できる問題ではないので焦らなくても大丈夫です。時間をかけてじっくりと治していくことがとても大切と言えます。一度「勃起が出来ない」という経験をしてしまうと、それ以降の行為前はフラッシュバックのように状況が蘇る人も少なくありません。そうなると余計に脳が各神経にロックをかけてしまったかのように、機能を更に封じてしまうこともあるのです。これを避けるためには、心の余裕を持てればかなりストレスを軽減できるはず。

そういうときには薬に頼ってみるのも良いと思います。特にシアリスは余裕を作り出しやすくなるED治療薬と言え、様々なメリットを与えてくれるのできっと良い方向に向かっていけるでしょう。機能性EDにはとても適しているはずです。

シアリスを使えば精神的な余裕が生まれやすくなる

シアリスを使えば精神的な余裕が生まれやすくなる

例えば19時ぐらいに服用したと仮定します。その後デートなどで軽く食事をした場合にも効果の発現について気にする必要はありません。シアリスの有効成分は水やアルコールに溶けにくい性質を持っていますので、食事による影響がとても少ないためです。シアリスではなくバイアグラを服用した場合、食事に影響されやすく空腹状態で無ければ効果が現れにくいので、その点から見ても余裕が生まれやすいと思います。

更にその日の夜何も起こらなかったとしても次の日の朝、または夜にそうした状況が出来た場合にも心配する必要がありません。シアリスは20時間~36時間効果が続くので問題無く勃起が出来るようになっています。そのため問題無く行為へと至る事が可能なはずです。

そして効き目が急激に出ない分効果が長く続き、さらに副作用も非常に出づらく体への負担も他の薬より少ないという点など、色々なメリットがシアリスにはあるのでこういった問題には最も適しているのでは?と紹介してみました。かなりおすすめなのでぜひ一度試してみて下さい。きっとEDというプレッシャーから開放してくれる事でしょう。

シアリスを通販で購入

シアリスを通販で購入